病気は治療しよう

癌という病気の治療は

病気の種類と治療法は様々

生まれてから亡くなるまで様々な病気にかかりますが、日本人の死亡原因の上位を占める病気に癌があります。ひと言で癌と言っても体のどの部位に発生するかにより、全く違う性質を持っていたり進行の早いものや遅いもの等種類は様々です。その為治療法も違ってきます。がんの3大療法としては切除手術、放射線、抗ガン剤があげられます。がんの種類によって放射線が効かないもの、抗ガン剤が効かないもの等様々な特徴があり、その性質に合わせた方法が行われています。医学は常に進歩しており、早期発見早期治療で完治したり寛解と言われる状態を維持したりできるようになってきています。

進化し苦痛が緩和している癌治療

以前は癌は不治の病気でした。しかしさまざまな治療法が確立してきました。腫瘍を切開して取り除く外科手術、放射線を照射して細胞を死滅させる放射線療法、薬により死滅させる薬物療法などがあります。しかし手術は予後が苦痛を伴ったり、薬物も副作用が激しかったりと決して楽なものではありませんでした。しかし近年は医療の発展に伴い苦痛を和らげて治療できるようになりました。手術は切開部分が小さい内視鏡を使うものや薬物も癌細胞のみをピンポイントに死滅させて副作用が少ないもの、放射線もピンポイントで照射ができる機器などが開発されています。苦痛が少なく治る病気とも言える病になっています。

↑PAGE TOP