病気と家系の関係

病気で怖い癌家系とは

病気は遺伝的な要因も大きく関係

病気は全て本人の努力によって克服または予防する事が出来る、最近はこういった意見が各メディアでよく取り上げられています。確かに一部正しい面もあります。不規則なライフスタイルを続けている方々は生活習慣病になりやすく、そこから重病に発展する事例は多々あります。しかしながら、癌などの病気は後天的なライフスタイルによって発症するものではなく、むしろ家系による遺伝的要因がとても大きいと判明しました。比較的近年に分かった事であり、遺伝的要因によって予防が難しい重病として癌は有名になりましたが、まだ一部の専門家の間ではその知識が更新されておらず、未だに本人の努力不足が原因で発症するとして、患者に対してハラスメントをしてしまっているお医者さんがいます。

癌家系は本当に存在するのか

癌は遺伝する病気と言われます。祖父母、父母が癌になったから、そういう家系だから将来なりやすいと思っている方も多く見受けられます。しかしこれは間違いです。確かに遺伝性の腫瘍は存在します。しかしこれはほんの数パーセントのものです。原因の多くは生活習慣です。普段の食生活や酒、タバコなどの嗜好品が原因です。酒やタバコの過剰な摂取、野菜や果物の不足などの偏った食事、運動不足などです。家系が同じだと、好みが同じで同じ生活をしているので遺伝の性でなりやすいという説になったのかもしれません。他の病気同様、規則正しい生活を心がけることが大切です。

↑PAGE TOP