乳がんという病気

乳がんという病気について

乳房の病気の乳がんとは

乳房は腫瘍ができやすく、良性の場合は乳腺の詰まり、悪性の場合は乳がんの可能性があります。乳がんは、癌の中でも自分で発見できる唯一の病気で、毎月1回セルフチェックを行うことで、早期に発見することができます。この病気には、3つのタイプがあり、それぞれのタイプにあった標準治療があります。ホルモンに関係している場合は5年ほどホルモン剤を飲む必要があり、他のタイプに関しても抗がん剤を使用したり、放射線療法を試してみたりします。比較的ゆっくりと進行していく癌であるため、10年たってから再発することもあるので、日ごろから検診を受けるなど注目する必要があります。

乳がんはどのような癌か

乳がんは、主に乳腺にできる悪性の腫瘍です。この病気の場合、自分で乳房を触ることでしこりを確認することができ、早期に見つけることができやすい癌でもあります。病気になった場合、しこりを少し採取し、生検を行います。これによって乳がんがどのタイプか判明し、どういった治療法があるのかを見つけることができます。比較的進行が遅い癌でありますが、若い人がなった場合進行が早く、気が付いたときにはしこりが大きくなっていることもあります。近年では、乳房を全摘出せず、しこりのみを取り除く方法も行われているので、症状を把握するとともに自分の考えをしっかり医師に伝えるようにします。

↑PAGE TOP