肺の病気について

肺の病気は怖いものである

肺の病気では肺がんも多い

肺の病気にはCOPDや気胸などがありますが、癌になるケースも増加しています。死亡原因の1位になることも多く、喫煙している、していないにかかわらず、癌になることはあります。痰に血が混ざっていたり咳が長く続く、息苦しさを感じたりするといった時は肺の病気になっていると考えます。年に1回胸のCT検査を行うことで、早期に見つけることができ、転移などのリスクを減らすことができるので、日にちを決めて受診すると良いでしょう。特に冬の時期は風邪と間違えやすく、見落としがちになってしまうので、注意して健康管理を行います。

肺癌の早期発見と予防の仕方

肺癌は肺の病気の中でも一番重篤な症状が出やすいものです。最初は咳や息苦しさを感じる程度でただの風邪かなと見過ごされることが多く、放置すると腫瘍が大きくなり体重の減少、血痰、呼吸困難、胸の痛みなどの重篤な症状が発生します。さらに身体の中心部にあり、血液の循環が多い臓器なので転移しやすいのも特徴です。しかし、早期に発見して治療すれば治る病気です。職場や自治め体での健康診断でのレントゲン撮影や喀痰検査などで早期に見つけることができます。またタバコを控えるなどの生活習慣の改善でも予防ができます。定期的に健康診断を受け生活習慣に気を付けることが効果的です。

↑PAGE TOP